• HOME
  • 男性の離婚相談

男性からの離婚のご相談について

1.離婚を迫られるケース

 男性が配偶者から離婚を求められる場合、離婚に応じるのか、仮に応じる場合、離婚原因を巡っての慰謝料や財産分与の額、お子様が未成年の場合には、親権をどちらに帰属させるのか、また、養育費はいくら支払えば良いのか等、さまざまな問題について判断を求められるケースが多いでしょう。


 大きくまとめると、


1.離婚に応じるべきか、応じないとした場合の見込み

2.離婚を決断する場合、離婚に際してどのような内容・金額の財産給付をすることが妥当なのか

3.親権はどうすべきか、養育費や面接交渉についてはどのように交渉すべきか


 これらの様々な問題について、適切に判断するためには、最終的に裁判所が判断することになった場合の見通しをもとに判断することが必要です。

 

 裁判所で争った場合の見通しを判断するためには、ある程度の知識・経験が必要です。当事務所では、これらの見通しについて、男性の立場から継続的にご相談に応じることや、相手方との交渉・裁判手続についてご依頼を受けることが可能です。


 ご依頼の内容や方法、弁護士費用につきましては、さまざまな形態がございますので、判断に迷われるようでしたら、一度ご相談ください。

 

2.離婚を切り出したいケース

 男性の側から相手方に離婚を求めたいケースもあるでしょう。離婚を求める理由としては、性格の不一致から相手方の裏切り行為(不貞行為)等まで様々あると思います。


 離婚を求めた場合、離婚が認められる可能性はあるのか、また、妻はもとより、不貞を行った第三者に対して損害賠償を求めることができるのか、といった離婚問題のほか夫婦関係に起因する様々な問題について、当事務所ではご相談に応じることが可能です。


 また、必要であれば、相手方との交渉や裁判手続についてご依頼を受けることも可能です。これから具体的な行動を取るにあたって判断に迷われるようであれば、ぜひ一度当事務所にご相談ください。

 

3.過去の解決事例の一部

1.妻から離婚を求められた自営業の男性が、1000万円以上の財産分与・慰謝料を求められた事案について、離婚は争わず、慰謝料及び財産分与の額について争った事例


 この事例について、当事務所の代表弁護士が男性側の代理人として離婚原因や金額を争い、結果として、相手方の
 半額以下、450万円の支払いを命じられたという判決結果となりました。

 このように、相手方の主張が過大な場合、適正な金額を求めて争うことが必要です。

 

2.妻から離婚を求められ、1億円以上の慰謝料・財産分与を求められた事案で、離婚の責任原因や、財産分与の額を争った事例


 この事例について、当事務所の代表弁護士が男性側の代理人として離婚原因や金額を争い、

 逆に、男性側に慰謝料等を支払うように求めた結果、相手方から、数百万円の和解金を受領して解決しました。

 このように、相手方にも離婚原因がある場合、最終的に有利な解決となる場合もあります。

 

3.男性から、妻に対して離婚を求めて、離婚調停を申し立てた事例


 この事例について、当事務所の代表弁護士が男性側の代理人として離婚を争い、結果として、解決金300万円等を
 相手方に支払うことで離婚調停を成立させた事例。


 この事例では、相手方が離婚に応じようとしなかったのですが、離婚の裁判になった場合の見通しを、
 相手方に説得し、妥当な金額で解決しました。


 このように、男性の側から離婚を求める場合、裁判になった場合の見通しを説得的に相手方に伝えることで、
 裁判まで行わずに妥当な結果が導けるケースが多いと言えます。 


 

  •  
  • 江原総合 離婚 バナー.JPG
お気に入りに追加する
ehlo_mailban.png
弁護士法人 江原総合法律事務所概要

アクセスはこちら

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner