• HOME
  • マザコン夫との離婚

いわゆる「マザコン夫」との離婚問題を抱えている方


マザコン夫という法律用語はありませんが、以下のような特徴がある夫を、マザコン夫と定義して、妻が離婚を考える典型的な夫の一類型として抽出することできると思います。
 
 

マザコン夫の特徴

・ 妻に対して普段は優しく、夫婦仲はいいが、姑と言い合いになったときに、姑の味方をする
・ どんなことでも姑に相談し、妻の悪口を言う
・ 姑に妻がいじめられても、何も言ってくれない
・ 姑が間違った発言をしても、それを否定できない
・ 姑に意見することができない
・ 義父母も夫婦関係に過度に干渉してくる上に、それが当たり前と考えている
 

 たとえば、当事務所で解決した案件から一つ例を挙げると、このような事案がありました。

 一流企業に勤務しており、都内に両親が所有する戸建て住宅で両親と同居している夫が、結婚相談所を通じて知り合った女性と結婚しました。

 妻は結婚した夫の実家に入り、専業主婦として生活をはじめましたが、妻は義父母が夫婦の生活に過干渉してくるため、夫に相談しましたが、夫は仲を取り持ってはくれませんでした。

 妻は精神的に疲弊してしまい、病院に通院することになりましたが、夫は妻を理解してくれません。

 やむなく一度別居することになりました。
 夫からは、妻を気遣うメールが届きましたが、他方で夫から母親に対しては、妻をけなす内容のメールが送られていたことが、あることがきっかけで判明しました。

 このような状況から、妻は夫の両親と同居しての生活は構築できないと考えて、実家を出ての生活を提案しましたが、これも受け入れられなかったことから、最終的には離婚を決意しました。

 やむなく離婚を決意した妻ですが、義父母の意向もあってか、離婚についての条件がまとまらず、最終的には双方弁護士を立てて協議をし、協議離婚が成立するにいたりました。
 
 夫に対し、「自分に対しては優しいし」「欠点といっても、そこしかない」、「経済的には不自由の無い生活を送ることが出来ている」と、不満を抱きつつも我慢している方が、最終的には日々の不満の積み重ねから精神的に不調を来たしてしまう事案。
 あるいはそこまでひどい状況になる前に我慢ができず別居をしたが、何も変わらない事案。
 ひどい場合には、文句があるなら出て行け、と夫や義父母に言われている事案。

 このような事案では、離婚をするにしても、復縁するにしても、夫は姑の言いなりなので、なかなか話し合いで解決することができず、調停や訴訟にまで進んでしまうケースも多いと感じます。

 いわゆるマザコン夫との離婚を考えている方は、当事務所にご相談ください。
 当事務所は、あなたにとって最も良い条件で離婚をする方法をあなたと一緒に考え、提案します。
 また、ご相談をうかがった上で、必要に応じてご依頼をいただければ代理人として交渉いたします。
 

ImgTop14.jpg

 

rikonf.png

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

 ■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所紹介   ■アクセス   ■費用

 ■女性のためのサイトを開設した理由



  •  
  • 江原総合 離婚 バナー.JPG
お気に入りに追加する
ehlo_mailban.png
弁護士法人 江原総合法律事務所概要

アクセスはこちら

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner