夫が勤務している会社の退職金は財産分与の対象になるとした場合に、その金額はどのように計算するのでしょうか




 財産分与とは、婚姻期間中に夫婦で形成した財産を分けるという制度であるため、夫が受け取る退職給付金が財産分与の対象となる場合でも、財産分与の対象となる財産の範囲は、婚姻期間中に形成されたものに限られます。
 そのため、財産分与の対象となる金額は

 退職給付金÷勤務年数×婚姻年数

 という計算方法により、算出されるのが一般的です。

 例えば、退職給付金が1000万円、夫の勤務年数が40年、婚姻期間が20年の夫婦の場合、財産分与の対象金額は、
 1000万円÷40年×20年=500万円
 となります。

 ただ、上記は基本的な計算式であり、ケースによっては、このような計算式では計算できない場合もありますので、まずはご相談ください。     


 

 

 

ImgTop14.jpg

 

rikonf.png

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

 ■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所紹介   ■アクセス   ■費用

 ■女性のためのサイトを開設した理由



  •  
  • 江原総合 離婚 バナー.JPG
お気に入りに追加する
ehlo_mailban.png
弁護士法人 江原総合法律事務所概要

アクセスはこちら

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner