私は現在、さいたま地方裁判所越谷支部で、離婚の調停の手続を行っています。離婚に伴う財産分与として、夫から不動産の贈与を受けることとなりました。不動産の贈与に伴い、税金がかかってくるのでしょうか。



 離婚に伴う財産分与として、相手方から財産をもらった場合、通常は贈与税を課さない、という扱いになっています。財産分与は、相手方から財産を贈与されるというよりも、夫婦で築いた財産を分け合う側面があるからです。  
 
 ただし、例外的に、①分与された財産の額が婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の額やその他すべての事情を考慮してもなお多過ぎる場合や、②離婚が贈与税や相続税を免れるために行われたと認められる場合には、贈与税がかかることがあるとされます。

 これに対して、財産分与として不動産を分与した場合、不動産を譲渡した者に対しては、「資産の譲渡」として、譲渡所得の課税が行われることになります。  

 そのため、不動産の譲渡を受ける側であれば、あまり気にする必要はありませんが、不動産の譲渡をする側からすれば、税金の支払いについても考える必要があるでしょう。  




 

ImgTop14.jpg

 

rikonf.png

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

 ■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所紹介   ■アクセス   ■費用

 ■女性のためのサイトを開設した理由



  •  
  • 江原総合 離婚 バナー.JPG
お気に入りに追加する
ehlo_mailban.png
弁護士法人 江原総合法律事務所概要

アクセスはこちら

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner