先日、夫と裁判の結果、離婚することとなり、5歳の息子の親権は私が取得することとなりました。ただ、離婚後しばらく経ってから、夫から息子と会わせて欲しい、という手紙が届きました。息子を夫に会わせることは構わないのですが、私自身は夫と絶対に会いたくありませんし、協力してくれそうな親族もいません。夫と直接会うことなく、面会交流を行う方法はないのでしょうか。



 父母間の対立が激しく、当事者同士では面会交流が実現できないようなケース、また、その他にもDV事案のため、当事者のいずれかが住所を秘匿しているようなケースなどでは、面会交流における第三者機関を利用することが考えられます。

 代表的な機関としては、公益社団法人家庭問題情報センター(FPIC)が挙げられます。
 また、その他にも、地域によって、面会交流の援助を行うNPO法人などが多数あるようです。

 こうした機関を利用する場合には、一定の費用がかかってしまうことはありますが、当事者間では面会交流を実現するのが難しいようなケースでは、利用を検討してもいいでしょう。








 
ImgTop14.jpg

 

rikonf.png

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

 ■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所紹介   ■アクセス   ■費用

 ■女性のためのサイトを開設した理由



  •  
  • 江原総合 離婚 バナー.JPG
お気に入りに追加する
ehlo_mailban.png
弁護士法人 江原総合法律事務所概要

アクセスはこちら

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner