• HOME
  • 解決事例
  • 解決事例28 6年以上にわたり離婚問題を抱えていた40代夫婦について、早期に離婚訴訟を提起し、争点を当初から明確化することで、速やかに穏当な内容で離婚を成立させることができた事案

6年以上にわたって離婚の問題を抱え続けていた40代夫婦の夫側からの離婚申立について、早期に離婚訴訟を提起し、争点を当初から明確化することで、速やかに穏当な内容で離婚を成立させることができた事案






< 事案の概要 >

 ご相談者ご夫妻は、未成年のお子様が一名いた他、不動産等それなりの資産がある状況でしたが、夫婦関係が冷え切っていたことから、ご相談に来られる数年前から、当事者で離婚の話をしていましたが、毎回うやむやになっていました。
 夫側から、離婚調停を申立し、相当額の財産分与も提案しましたが、妻側が離婚を決断できないため話が進まず、これ以上は当事者で解決することが困難と判断されてのご相談でした。

 当事務所としても、お話を聞く限り、実質的には夫婦関係は破綻しており、あとは適正な財産分与を実施して、お互いが新しい生活を始めることが相当と考え、夫側からのご依頼に基づき、妻側に離婚の協議を求める通知を発送しました。
 妻側から話を聞いてみたところ、妻側が感情的になっているなどの事情により、任意に離婚を決断することができない状況であることが明らかでした。

 そこで、継続中の調停については、直近の期日で不調とし、速やかに訴訟を提起しました。
 ご相談者様は、長年にわたる離婚協議に疲弊しており、早期に適正な内容で解決したいとの希望がありましたので、訴訟提起の時点から、財産関係は誠実に開示し、争点を明確化し、妻側の決断を促す方針で手続きを進めました。
 妻側も弁護士を立てて争ってきましたが、早期に争点を明確にしたことで、離婚そのものは避けられないことを前提に、双方弁護士、裁判所も和解に向けての調整に早期に入ることができ、最終的には、数年にわたって解決できなかった離婚問題が、証人尋問前に和解で解決することができました。


< 解決のポイント >

 ‣離婚協議、離婚調停、離婚訴訟、いずれの手続きによる解決が妥当なのかを、専門的な見地から判断したことで、最短で解決に至ることができた事例

 ‣訴訟提起の段階から、想定される争点の全てを提示したことで、訴訟自体もスムーズに進行することができた事例
 
  •  
  • 江原総合 離婚 バナー.JPG
お気に入りに追加する
ehlo_mailban.png

contents menu

弁護士法人 江原総合法律事務所概要

アクセスはこちら

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner