弁護士費用

 
離婚相談にいらっしゃった方の中には、相談後は「代理人として依頼するかしないか。」と思われる方も多いです。
 
当事務所では、下記のようにご相談にあわせた解決をしていきます。
また、費用も分かりやすく設定していますので、安心です。
 
 

①離婚相談

初回相談 30分まで 5000円(税込)
     30分を超えた場合 1万円(税込)
 
※相談はお一人様あたり、最長1時間となります。2回目以降のご相談については、離婚手続バックアッププランをご利用いただくか、具体的な案件としてご依頼ください。
※ご依頼を頂いた場合は、相談料は無料とさせていただきます。 また、事件のご依頼を受けた後は、相談料金はかかりません。
※事前予約制になっております。
 

②離婚手続バックアッププラン(相手方との交渉無し)

離婚協議、離婚調停、裁判を代理はせずに、継続的にアドバイスさせていただくプランです。 ただし、1ヶ月あたりの活動時間を2時間までとさせていただきます。
 
3ヶ月 9万9000円(1ヶ月あたり3万3000円)(税込)
 
 

③離婚協議書作成

離婚時の約束を反故にされないために、公正証書で離婚協議書を作成いたします。
 
協議書作成+メールフォロー(相手方との交渉無し):11万円(税込)
 

④代理人活動

離婚協議、調停・審判、訴訟等を弁護士が代理人となって行います。

なお、以下の料金は、当事務所の原則的な料金体系であり、事件の内容によって着手金・報酬金を増減額させていただくことがあります。

1 着手金

  33万円(税込)~

※協議→調停・審判、調停→訴訟に移行した場合には、追加着手金として、各手続につき11万円(税込)が原則必要です。

※親権、面会交流を争う場合、婚姻費用や養育費に関する申立を行う場合、保全処分を行う場合などには、別途着手金をいただく場合がございます。

※離婚を請求されているケースで、協議不成立後1年以内に相手方から離婚調停の申し立てがなされない場合や、調停不成立後1年以内に相手方から離婚訴訟の提起がなされない場合には、報酬は発生しませんが、その時点で本契約は終了します。再度紛争が生じたときは、別途着手金・報酬金が必要です。

 

2 報酬金

⑴ 離婚の請求について
 ア 離婚を請求する側の場合

   離婚が成立したとき 33万円(税込)

 イ 離婚を請求された側の場合

   離婚請求を退けたとき 55万円(税込)

   離婚について和解ないし調停が成立したとき 33万円(税込)

 

⑵ 離婚に関連する請求について
 ア 相手方から金銭を回収したとき(慰謝料、財産分与、養育費等)

   相手方から回収した金額の11%(税込)

   ただし、養育費、婚姻費用については、決定された月額の2年分×11%(税込)

 イ 相手方に金銭を支払うとき

   相手方から請求されている(請求された)金額と実際に支払う金額の差額×11%(税込)

   ただし、養育費、婚姻費用については、減額した月額の7年分×11%(税込)

 ウ その他

   親権、面会交流を争う場合などには、結果に応じて別途報酬金をいただきます。

※面会交流に弁護士が立ち会う場合や、合意、調停、審判ないし判決により面会交流が定まった後、面会交流について弁護士が連絡・調整を行う場合には、別途費用が必要です。

 

3 日当・実費

 ア 調停その他、事務所外での作業が以下の時間を超えた場合には、別途以下の日当が発生します。

  ※さいたま家庭裁判所・さいたま家庭裁判所越谷支部に係属する事件の調停手続では、5回目の調停までは日当は発生しません。

  ① 往復2時間を超え4時間まで 3万3000円(税込)   
  ② 往復4時間を超える場合   5万5000円(税込)

 イ 手続に必要となる印紙代、郵送代、交通費等の実費は別途必要となります。

 

  ※車いすその他特別な補助が必要な方は事前に御相談下さい。

048-940-3971 受付時間 平日9:00〜22:00 土曜10:00〜18:00