• HOME
  • 子供の問題

子供の問題

ここでは親権者監護者面接交渉親権者・監護者の変更など離婚にまつわる子供の問題に関してまとめています。

未成年の子供がいる場合、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするか決めなければ離婚は成立しません。
また、親権を巡る争いに発展してしまった場合、親権は譲って自分が監護者になる方法もあります。

親権者について

未成年の子供がいる場合、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするか決めなければ離婚はできません。これは、離婚した場合、どちらかの単独親権となるためです。

⇒詳しくはこちら

 

監護者とは

監護者とは、親権の一部(身上監護権)を有する者と定義されています。簡単に言えば、子供を引き取り、生活を共にし、身の回りの世話をする者です。
親権は、身上監護権と財産管理権から構成されていますが、監護者は、身上監護権のうち子供の養育の権利と義務が認められています。

⇒詳しくはこちら

 

面接交渉について

離婚後、親権者または監護者にならなかった方が、子どもに面会したり、一緒に時間を過ごしたり、連絡を取り合うことなどを面接交渉といい、その権利を面接交渉権と言います。この面接交渉権は、民法などの条文に規定された権利ではありませんが、判例や家庭裁判所の実務でも認められています。

⇒詳しくはこちら

 

親権者と監護者の変更

親権者と監護者の生活環境や収入の変化などにより、子供の利益と子供の福祉のために必要がある場合に限り、親権者と監護者を変更することができます。
親権者を変更するときは、たとえ協議離婚であっても、家庭裁判所に親権者変更の調停・審判を申し立てなければなりません。

⇒詳しくはこちら

 

養育費が支払われない?

「離婚時に約束したのに養育費の支払いが滞っている」
「最初は払ってくれていたが、生活が苦しいとの理由から支払ってくれなくなった」
というご相談が多く寄せられます。
親には子供を育てる義務があり、これは離婚したからといって消えることではありません。

⇒詳しくはこちら


子供の問題に関してさらに詳しく知りたい方はこちら↓↓

 ●親権者
 ●監護者
 ●面接交渉
 ●監護者の変更
 ●養育費が支払われない


ImgTop14.jpg

 

rikonf.png

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

 ■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所紹介   ■アクセス   ■費用

 ■女性のためのサイトを開設した理由



  •  
  • 江原総合 離婚 バナー.JPG
お気に入りに追加する
ehlo_mailban.png
弁護士法人 江原総合法律事務所概要

アクセスはこちら

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner